www.countryfreshflowersandgoods.com

車を持っているあなたならば承知していると思いますが、自動車税というものが課税されます。それで自動車税はクルマの買い取り時に当たり前に還付されるのです。こういったことは実際、自分でやると頭に入ってくると思いますが最初から順を追って案内します。あえて注意書きするならば国内で生産された車のみが対象ではなくドイツ車等も税が戻ってくることに決まっています。当然ですがクルマなどもそうです。クルマを持っている人が支払う税で、税額はそれぞれの排気量の大小によって決定されます。1リッターより小さいのであれば29500円1リッターより上で1.5リッターまでだと34500円。これ以降は500ccごとに5000円ずつ増加します。そしてこの税は4月1日時点で車を所有している人が、今年度の税額を納めることになります。前払いになるということですので当然ですが自動車を売ってしまって、所有権を手放した時には先に払った分の税金は還付されるというわけです。自動車税の場合は先払いでその年度の税金を納付しますので、一年以内に愛車を引き取ってもらったときは新しいオーナーがお金の納付義務を負うということになります。買取先が買取専門業者であれば売却時に支払いすぎた金額を返還してくれます。所有権を手放した時以後の税金は、新しい所有権を持った人が納税義務を負います。もし自分が10月のうちに車を売却した時は11月以降翌年3月までの税額は還付されます。というのも前述の通り自動車税の場合は一年分を先払いしているという決まりによるものです。要は前所有者は売却先に税を返金してもらうということです。個人でクルマを買い取ってもらう場合結構このような重要な事実を忘れている方が多くいるので、きちんと確かめるようにしてください。自動車税が自動車を手放すと戻ってくるということを意外と知っている人がいないからと言ってそれを説明しない業者も存在します。こちら側から自動車税に関しての話題を出さなければ自動車税のことについて触れないというケースも頻繁に聞かれます。ですので自動車の買い取りをお願いする場合は自動車税が返金されるのかどうかを聞くことをおろそかにしないようにしましょう。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.countryfreshflowersandgoods.com All Rights Reserved.